綾那の今日のトピックス

ドコモ 長期契約者優遇

継続利用シバリなしの「アンキャリア」戦略
‎2013年10月31日‎
例えば米T-モバイルUSの「アンキャリア」戦略は「継続利用シバリなし、端末割引なし」というもので、ポストペイド契約者の大幅純増につながった。 … 言われたが、ソフトバンクモバイルに限っては先に提供を始めていた新たな端末提供形態「新スーパーボーナス」で、長期契約を前提に、端末購入価格に応じて月(続きを読む)



明日、雨だそうです。で、今あわてて洗濯物を取り込みました。独身OLという身の上は洗濯物は夜に干すのです。うっかり取り込むのを忘れたまま会社にって、昼間に雨が降ったりすると、かなり「やっちまった!」という気分になります。

タトゥーストッキング | FX初心者

そういえば、この前、会社の人でホワイトニングをしたっていう先輩がいたのよ。その先輩ってヘビースモーカーなのよね。だから、けっこう黄色い歯をしてたんだけど、それが白くなっちゃったからビックリ!ホワイトニングって薬の力で漂白するんですって。まあ芸能人なんか普通にやってるんでしょうけどね。私もやってみようかしら!?歯医者さんで行うのがオフォスホワイトニングっていうんだけど、審美歯科って言ってふつうの歯医者さんとはちがうとこで専門的にやってもらえるのよ。なんでも3ヶ月から1年くらいもつんだって(永遠じゃないのか)。ちなみに矯正歯科っていうのもあって、ここでは文字通り歯の矯正を専門に行ってるみたいよ。まあ私の場合、歯科よりも眼科でレーシックを受けるのも興味があるわね。かなりコワイけど!

フライフロット | ワンピース フィギュア pop

最近はじめたんだけど、プラセンタってご存知!?「胎盤」のことなんだけど、お肌にすごくいいのよ。別に胎盤をそのまま食べるわけじゃないのよ。知ってるとは思うけど・・・!いくら食い意地が張ってる私でもいきなり胎盤に食らいつかないわよ!まあなんていうかエキスなんだけどね。アミノ酸なんかも含有されてて「みずみずしー」お肌にしてくれるのよ!手につけてから軽く顔全体になじませるようにパッティングするのよ。5歳は若返るわ!(気のせいっていうな!)

産業用太陽光発電 | メンズエステサロン

これで今日はおわりだぁ。さあもう寝るぞ~っと!寝て寝て寝まくってやるうう!なんだかストレス溜まってるなあ<あたし


ドコモの「ポイントサービス改悪」に泣くのは長期契約者 DoCoMoにずっと加入してい…
ドコモの「ポイントサービス改悪」に泣くのは長期契約者 DoCoMoにずっと加入しています。 学校帰り、塾や習い事をしていたので、その頃に親に持たされました。 それ以降、ずっと同じ番号で使い続けています。 15年くらいでしょうか。 DoCoMoでスマホを解約し、DoCoMoのガラケーとタブレット端末に変えたばかりです。 わたしは他社に乗り換えた方が良かったのでしょうか? ↓↓↓ニュース記事↓↓↓ **************************** au、ソフトバンクモバイル両社の「iPhone攻勢」の前に、精彩を欠くNTTドコモ。この6月には契約者数の純減も記録し、その不調を数字の上でも裏づけることになった。しかし同月下旬、現状打破を目論むドコモが行ったのは、“大改悪”といえるサービスの改定だった。 今回改定されたのは、「ドコモプレミアクラブ/ドコモビジネスプレミアクラブ」という2つの会員制ポイントサービス。ドコモには契約者全員を対象としたポイントサービス「ドコモポイント」があり、よりポイントをためやすいのが「プレミアクラブ」というわけだ。 ドコモポイントの仕組みについて、ケータイ料金プランに詳しいライターの後藤一泰氏が説明する。 「『ドコモポイント』はケータイやスマホの基本料金や通話料などの支払い額100円ごとに1ポイントがたまる仕組みです。たまったポイントは100ポイントごとに税込み105円分として、ケータイやスマホの新規購入、修理代などに使えます」 プレミアクラブは入会金や年会費が無料のサービスなので、ケータイの新規購入や機種変更のときにお店に勧められ、多くの人が加入している。“プレミア”というだけあり、メリットもあるのだ。 「プレミアクラブはドコモの長期利用者やヘビーユーザーに手厚いポイントプログラムで、なかでも長期利用者の優遇が特徴です。例えば10年以上使っているユーザーなら、100円当たり4ポイントたまります」(後藤氏) もう少し細かく説明すると、ドコモプレミアクラブでは、会員のランクを4つの「ステージ」で区別する。ステージの決定条件は、ドコモの利用期間か月々の利用金額をベースとした「ステージポイント」により決められる。種別はエントリーランクの「1stステージ」から最上級の「プレミアステージ」まで4ランクに分かれており、上級ランクになるにつれ、ポイント加算率が増えていく。 つまりプレミアクラブとは、使えば使うほどステージのランクが上がってお得になるサービスというわけだ。ところが、この制度が2014年4月から改定されることになった。 「現行との変更点は、まずステージポイントによるランク分けがなくなります。そして継続利用期間の区切りが5年、8年、10年から、2年、5年、10年になります。また、15年超の利用者区分『グランプレミアステージ』が新たに追加されます」(後藤氏) 今回の改定で、2ndステージ(5年以上から2年以上に変更)、3rdステージ(8年以上から5年以上に変更)には早く昇格できるようになった。一見するとユーザーには耳寄りな改定だが、そこに落とし穴がある。 「今回、ステージ決定にもうひとつの要素が加わるのです。これまでは利用期間を満たしているだけで、2ndステージ、3rdステージ、プレミアステージと昇格できましたが、改定後はすべてのステージで『あんしんパック(月額630円)/おすすめパック(月額525円)』などの有料オプションの契約が必要になるのです。もし契約しなければ、利用期間がどれだけ長くても1stステージの下に新設された『ベーシックステージ』のまま。もちろん、現行のプレミアステージのユーザーも、こうした条件を満たさなければベーシックステージに陥落です」(後藤氏) しかも、ポイントの算出方法まで変更される。 「これまで利用料金100円ごとにポイントがたまりましたが、改定後はその単位が1000円になります。つまり、プレミアステージでは現行の100円当たり4ポイントが、1000円当たり40ポイントになります。一見、変わらないように思えますが、改定後は100円単位の利用料金は端数として切り捨てられます」(後藤氏) 長期契約者こそ損をする今回の改定。さらなるユーザーの流出を招かなければいいが……。 取材・文/本誌「ドコモポイント大改悪」取材班 ■週刊プレイボーイ33・34号「ドコモポイントサービス大改悪の中身!!」より(続きを読む)


Comments are closed.

毎日のニュースと、私のプライベートな話題をお届けします!